銀河英雄伝説

1980年代に刊行され大ヒット。その後も、アニメ化、漫画化、ゲーム化など、今なお根強い人気をもつSF小説が原作。人類生存圏が、広大な宇宙の無数の星々に広がっている時代。その領域を「銀河帝国」と「自由惑星同盟」の2国が覇を競って奪い合う長い戦争の時代。そんな慢性的交戦が150年以上続いたころ、帝国に「ラインハルト・フォン・ミューゼル」、同盟に「ヤン・ウェンリー」という傑出した戦略家が登場することで、歴史は一気に停滞から加速の時代を迎えていく。そんな世界史的ダイナミズムの中で、ラインハルトとヤン、それを取り巻く個性豊かな人々の群像劇が描かれた作品。

こんな小説を現在、かつて週刊少年ジャンプに連載された「封神演義」でヒットを博した漫画家、藤崎竜がコミカライズ。ヤングジャンプ紙上で連載中。考えてみれば、「封神演義」も元々は中国の国盗り合戦を描き、そこに多くのキャラクターが出てくるタイプの「サーガ」なわけで、系統としては似ている原作を、また漫画として表現していることになる。

さて、この「藤崎版」の前には、連載や特別読み切りを多くの雑誌で展開してきた「道原かつみ版」のコミカライズがあった。道原版は30年の長きに渡って描かれ、原作小説に忠実なストーリー、演出で展開されながらも、時に女性作家ならではの人間描写(とくに女性キャラの心理描写)の鋭さなどから「原作を超えている」というファンも板くらいの良作である。しかし、惜しむらくは、1989年には完結している原作小説の全てを、その漫画に落とし込むことはできなかったことだ。小説では新刊書10巻。その分量は、一見すれば、長い時間をかけさえすれば全てコミカライズできようと思うものだが、ストーリーに忠実なだけでも膨大な情報量がある作品なのに、原作小説で踏み込んでいない人物像やその背景まで「自分もファンも望むから」という姿勢で、真摯に書き続けた結果としてのことと思うと、責めることもできず、なんとも歯がゆい。

そこに「藤崎版」である。硬派なスペースオペラである原作を、硬派に書いた道原版と違い、「面白うてやがて悲し」的なネーム進行を好む藤崎によって、かなりギャグタッチでコミカルなシーンが多い印象。(これで躓く旧作ファンや原作ファンも多いのだろうが)しかしそれだけに、重いシーン、恐ろしい(銀河英雄伝説では、得てして恐るべきは「人の本姓」といった描写が多い)人物などの登場時のコントラストが強く、原作ヒット時を隔世で知らぬファンに、キャラとストーリーの印象づけを容易にしている。また、連載が週刊誌ということもあって、思ったより速いペースで、原作ストーリーの消化も成されているように見える。そのピッチが余裕を持たせているのか、原作、あるいはアニメ(石黒版。こちらは全話完結している)でも触れなかった、ちょっとした脇役のオリジナルストーリーや人物描写にも触れることが多く。「原作絶対」と凝り固まっている者以外は、「新たな銀英伝」としての読み応えもある。正直、新作のアニメには「投げっぱなし」にされた印象のある(私のような)ファンには、「現世」と「銀英伝への思い」をつないでいてくれる良作であると、外的な要因も含めて評価できる。ただ、やはり心配されるのは「道原版のように最後までたどり着かないのでは」という点。そうなってくると、先述のギャグ演出や脇役への深入りが、なんとも余計な者にも見えてきて怖い。

HUNTER×HUNTER

「HUNTER×HUNTER」は週刊少年ジャンプ連載の作品で、作者は「幽遊白書」や「レベルE」を描いた方でそれらの漫画も好きでそれを読んでいた流れで「HUNTER×HUNTER」も読み始めました。この漫画は基本的には少年漫画、あるいはジャンプ漫画のセオリーである勝利・友情・努力のフォーマットに従っているのですが、その範疇にとどまらない魅力があります。それは何と言っても様々なキャラクターを使って描かれる視点の豊富さです。様々な立場、陣営のキャラクターが見ている場面、そして戦略を寝るところが描かれており魅力的な群像劇になっています。それぞれの行動がぶつかり合い、収束していく様子はもう芸術的でこの漫画を名作にしています。

休載が多いと話題の漫画ですが、世の中に休載している漫画はたくさんあり、この漫画が休載の代名詞のように言われているのはそれほどみな先が待ち遠しいと思っている証拠でしょう。現在行われている王位継承戦、そしてその先の暗黒大陸編の結末がどうなるのか予想はつかず、これからも楽しみに再開を待っています。>>>>>ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして