スキップ・ビートは恋愛がじれったい

花とゆめでもう10年以上連載が続いている芸能界を舞台とした少女漫画ですが、主人公が好感が持てるタイプなところが好きです。幼少期に親の愛をそこまで知らずに育ち、初恋は打ち砕かれ、女友達も芸能界に入るまでいないという壮絶な体験をしながらも、恋愛を信じない面以外は腐ることなく真っすぐに育ったところはすごいです。芸能人としては容姿は平凡だけど、メイクによって美女に化ける見た目と演技のギャップがカッコいいです。モー子さんとの掛け合いも好きです。

恋に臆病な主人公が無意識に蓮に恋している描写はあれど、百戦錬磨の先輩の蓮は主人公に恋をしているのは確実だけど、主人公を捨てた幼馴染は主人公を好きなんじゃないのという描写はあれど、レイノや坊関連の事務所の先輩は主人公に好意的な感じはあれど、主人公の恋は逆ハーレム状態にありながら、恋愛が進まず、蓮とショーの三角関係にハラハラさせられるという、ヤキモキするじれったい恋愛の結末を見たいようで、まだ終わってほしくないので見たくない気持ちになる漫画です。

コメントは受け付けていません。